office yoga

オフィスヨガアンバサダーになりませんか? 

 

オフィスにもヨガを!

 

働き方改革が提唱され、様々な企業が労働生産性の向上のため社員の健康管理に取り組んでいます。

その一つとして、オフィスヨガが少しずつ浸透しています。

ヨガは体力に関わらず取り組めるので、年代に関わらず楽しめます。

また、呼吸や瞑想など他のエクササイズにはない要素が、肉体面のみならず精神面での健康管理や、社員の生産性向上、リーダーシップ育成にも役立ちます。

インテル、フォード、ヤフーなどもマインドフルネス瞑想を社員研修に採用するほど、注目を集めています。

ヨガをオフィスに取り入れ、社員の健康管理、企業の生産性向上を目指しませんか?

 

 

 

ヨガが何に役立つの?

 

ヨガでは適度なストレッチや筋トレを行うため、デスクワークが多い社員の肩こり、腰痛の改善が見込めます。メタボリックシンドロームの予防にも効果的です。

ヨガはポーズの完成が目的ではなく、自分で自分の心地のいいところに体を動かせるよう練習していくものなので、セルフマネージメントをしながら普段運動習慣のない方にも無理なく参加できます。

また、呼吸や体の動きに集中すること、瞑想を行うことでストレス軽減や集中力アップも見込めます。

自分自身の現状を見極める“メタ認知”を行うことで、感情のコントロールや判断力アップにつながり、チームやビジネスの場でも役立ちます。

 

 

 

 レッスンの内製化/オフィスヨガアンバサダー

 

多くのオフィスヨガは外部講師を招きレッスンを開催する形がほとんどです。

もっと気軽に、自発的に、継続的にヨガに取り組むために、外部講師を招くのではなく、オフィスヨガアンバサダーとして自分たちでレッスンを開催する新しい形のオフィスヨガを始めませんか?

社員がティーチングスキルを講座で学ぶことで、オフィスヨガを内製化できます。

勤務開始前の1時間を使い、計4時間で学びます。講座を受けた後は30分のレッスンができるようになります。

社員が自らレッスンを行えるようになることで経費削減、自発的な健康管理につながります。

誰かから押し付けられるものではなく、自分たちで進んでできるようになることが、本当の意味での自己管理につながります。

 

 

 

フォローアップも充実

 

ティーチングスキルを学び、自分たちでレッスンをしていく中で疑問が出てきた場合や、もっと本格的に取り入れたい場合、フォローアップ講座もご用意しています。

バリエーションを増やしたい、レッスン時間を長くしたい、など。インストラクター養成校やスポーツ専門学校で講師を務めた経験から様々なご要望にお応えできます。

 

 

 

ビジネスパーソン向け研修講座も!

 

研修にもヨガを取り入れてみませんか?体を動かすだけではなく、マインドフルネス瞑想を通して感情のコントロールやメタ認知を学び、より冷静な判断力・チーム力・リーダーシップを高めます。

脳科学でも瞑想が脳波の活動量に影響を与えることが実証されています。自分の現状を的確にとらえ、目的を達成するための選択につなげます。

また、感情のコントロールやセルフマネージメントを学ぶことで仲間とのよりよいビジネス環境を築きましょう。

 

 

 


 

 【オフィスヨガアンバサダープラン】

 

始業前時間などを使って講座受講(計4時間)

3名以上の受講

4時間講座を受けた後は基本の30分のレッスンが可能。

プライベートでヨガを楽しんでいる人も、スタジオに行かなくても自分でヨガを楽しめるようになりますよ。

 

 

【フォローアップ講座】

オフィスヨガアンバサダープラン同様始業前時間などを使って講座受講

内容に合わせて講座時間応相談

オフィスヨガアンバサダープランを受講済みの3名以上

 

 

【マインドフルネス瞑想研修向け講座】

日程応相談

3時間ほど

瞑想実践や日常での取り入れ方など、関連ワーク

 

 

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください。やりたい内容などに沿ってプランご提案もいたします。